HOME > 相続手続 > 相続の基礎知識

相続の基礎知識

○相続とは
 法律上、相続とは「個人の財産的な権利や義務をその死亡と同時に、個人の配偶者
子どもなど相続人として法律で定められた者が包括的に引き継ぐこと」とされていま
す。
 このとき死亡した人を「被相続人」、財産を引き継ぐ人を「相続人」といいます。
 相続財産の中には土地や株券などの「プラスの財産」だけでなく住宅ローンや借金
などの「マイナスの財産」も含まれることになりますので、遺産を相続するのか放棄
するのかの自由が相続人には与えられています。

○法定相続分とは
 遺言の内容や遺言で委託された者の指定にもとづく相続分を指定相続分というのに
対し、民法の規定にもとづく相続分を法定相続分といいます。
 下記に、おもなケース別法定相続の割合を表記していますので、確認してください。

souzoku.GIF

 子や兄弟姉妹などが複数いる場合には、それぞれの相続分は子や兄弟姉妹の割合を
人数分で均分する。代襲相続の場合は、本来の相続人と同じ割合です。
 ○は遺族がいる場合
、×は遺族がいない場合です。



                 toiawase.png

 

相続手続 一覧に戻る

CONTACT

行政書士法人 岩手許認可センター 岩手県紫波郡矢巾町広宮沢第10地割501番地25 (MAP
TEL 019-697-8868
お問合せはこちら

PAGETOP